喫煙と健康

喫煙は、心血管疾患 (心臓病)、肺がん、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫や慢性気管支炎)など、数多くの深刻な疾病を引き起こします。 喫煙者がこれらの疾病のいずれかにかかる可能性は、非喫煙者に比べてはるかに高くなります。 また喫煙には依存性があり、やめることは極めて困難な場合があります。 これが、世界中の主要な医療機関および科学機関の見解です。 また、これらはフィリップ モリス インターナショナル(PMI)の見解でもあります。

心血管疾患(心臓病)

  • 世界保健機関 External reference (WHO)はそのウェブサイト上で、「たばこの使用は心血管疾患の重大な危険因子であり、 喫煙人口が減れば心臓発作と脳卒中が減るであろう」と述べています。
  • 米国心臓協会 External reference はそのウェブサイト上で、「喫煙は血圧を上昇させ、運動に対する耐久力を低下させ、また、血液凝固傾向の高まりを招く」と述べています。
  • 英国心臓病支援基金 External reference はそのウェブサイト上で、「紙巻たばこの煙に含まれる一酸化炭素は、血液が心臓および身体に運ぶ酸素量を減少させる」と述べています。

肺がんおよびその他のがん

  • WHO External reference はそのウェブサイト上で、「たばこを吸うことで肺がんになるリスクが増大するという事実は、最もよく知られた人体へのたばこの悪影響の一つである。 しかし、喫煙者、非喫煙者ともに、あまり知られていないかもしれないのが、たばこの使用は肺ばかりでなく身体のさまざまな部位にがんができるリスクを増大するということである」と述べています。
  • WHO External reference はまた、「喫煙者が肺がんにかかるリスクは、平均で5倍から10倍に増える」と述べています。

慢性閉塞性肺疾患(肺気腫や慢性気管支炎)

  • WHO External reference はそのウェブサイト上で、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)には慢性気管支炎と肺気腫という二つの肺疾患が含まれ...喫煙者におけるCOPDの有病率および死亡率が高いといった、喫煙との強い関連性が認められる」と述べています。

公衆衛生当局は、喫煙はこの他にも多くの疾病を引き起こすと結論付けています。

他の公衆衛生当局による、たばこ、喫煙、疾病に関する情報の詳細については、下記のリンクをご参照ください。

国際がん研究所 External reference

世界保健機関 External reference

米国公衆衛生総監報告 External reference

Set cookie preferences