富士スピードウェイ

02:07

landmark-fuji-speedway-video-cover ダウンロード

富士スピードウェイ (静岡県)

「煙のないサーキット」
サーキット内の紙巻たばこ用喫煙所を、加熱式たばこ専用室・エリアに一新

富士スピードウェイは、様々なレースやイベントを通じて多くのお客様が来場する、世界でもトップクラスのモーターサーキットです。喫煙課題に取組み、より多くのお客様にモータースポーツを楽しんでいただくため、2021年11月26日より、同施設内に関係者用を含む20か所の加熱式たばこ専用室・エリアを新設しました。

発表に伴い、当日では、MCに車好きとしても知られるラジオDJの井手大介氏、スペシャルゲストに、富士スピードウェイから世界へと羽ばたいた日本を代表する元F1ドライバー、片山右京氏をお招きし、トークセッションを開催。

発表会・トークセッションを通じて、加熱式たばこ専用室・エリアを設け、紙巻たばこの煙のない環境に生まれ変わっていく富士スピードウェイの姿を世界へアピールしました。

富士スピードウェイでは、来場するお客様に「煙のないサーキット」をお楽しみいただくための取組みを行っています。詳しくはこちら
発表会の前半パートでは、富士スピードウェイ株式会社 取締役の福島典雄氏と、PMJ エグゼクティブアドバイザーの井上哲が今回のプロジェクトの意義と経緯をお伝えしました。

富士スピードウェイ株式会社 取締役 福島氏は「さらに幅広いお客様にモータースポーツを楽しんでいただくために、富士スピードウェイが、モータースポーツ業界のリーディングカンパニーとして、紙巻たばこの煙による望まない受動喫煙という課題解決に取組み、お子さまから大人まで安心して過ごしていただける環境を提供する責任がある」という考えから、PMJが掲げる企業ビジョンに賛同した経緯を話しました。加えて、「富士スピードウェイも煙のないランドマークに加わり、世界初の『煙のないサーキット』へと刷新できることを非常に光栄に思います」と、生まれ変わる富士スピードウェイへの期待をのぞかせていました。

PMJ エグゼクティブアドバイザー 井上は、「たばこ葉を燃やさずに加熱しているため、煙を出さない」ものが加熱式たばこである、と改めて説明したうえで、これまでの煙のないランドマークと同様、今回の「煙のないサーキット」に対しても、「社会の多くの方々とともに『煙のない社会』という企業ビジョン実現に向けて頑張っていきたい」と意気込みをのべました。

後半は、井手大介氏の司会で、富士スピードウェイ株式会社の福島氏、PMJ井上・鶴岡に加え、スペシャルゲストに元F1ドライバーの片山右京氏を交えトークセッションを開催。「煙のない日本」をスローガンに、飲食店や公共施設だけではなく、白川郷のような世界遺産としても名高い日本を代表する観光地や、大型レジャー施設、スポーツ施設などへと広がりをみせる、「煙のないランドマーク」プロジェクトを紹介しながら、「煙のないサーキット」に新設される具体的な加熱式たばこ専用室・エリアについて紹介し、「たばこの煙のない」サーキットとしては富士スピードウェイが世界初めての試みであり、日本を代表するモータースポーツの聖地として大いに意義がある一歩を踏み出したことなどが話題となり、トークが盛りあがりました。

トークセッションの中で、PMJ チャネルア クティベーション マネジャー 鶴岡は、今回新設される加熱式たばこ専用室・エリアの内装・外装も、国際サーキットである富士スピードウェイならではの特徴を活かしたデザインにこだわったことなどを力強くアピールしました。

例えば、今回新設される加熱式たばこ専用室・エリアは、外装には「インタープロトシリーズ」のレースで実際に使用された車両のデザインを施したほか、内装には、バケットシートをはじめ、実際のレースで走行した車の部品を展示し、まるでガレージの中にいるような体験を演出するなど、レースサーキットならではの工夫を凝らしています。

片山氏は、「サーキットに来るファンは家族連れや若い方も増えているし、海外からのファンも多いので非常に意義深い。富士スピードウェイが国内はもとより、世界で初めての煙のないサーキットに生まれ変わり、オピニオンリーダーとなって、世界にアピールしていくことは、非常に革新的だと思う。自分が若かったころから育ててもらった大切なサーキットなので、このような取組みについて誇りに思う」とコメントしました。

最後に、MCの井手氏は「みんなが気持ちよく楽しめる環境・場所をつくることは大切、企業と企業が協力することも素敵だなと思います。また、この動きが広がって、いつの日か『煙のない社会』が世界にさきがけて、ここ日本から実現するといいですね」と締めくくりました。

発表会終了後、登壇者でフォトセッション。世界に誇る日本のサーキットである富士スピードウェイが、世界初「煙のないサーキット」に生まれ変わったことを、世界へアピールしました。

シェアする