南紀白浜空港(和歌山県)

「煙のない空港」
空港ビル施設内の全ての喫煙所を加熱式たばこ専用エリアに一新
Smoke-free-Nanki-Shirahama-Airport

2020年4月1日(水)より、南紀白浜空港ビル施設内全ての喫煙所を加熱式たばこ専用エリアとして新たに整備し、「煙のない空港」に生まれ変わりました。
南紀白浜エアポートは、空港を起点とした地域活性化を目指す「空港型地方創生」をビジョンに、「街中、手ぶら・顔パス・キャッシュレスを実現する顔認証おもてなしサービスの導入」「空港のバスターミナル化を含むどこでもドア構想に基づく地域交通網の整備」「非日常的なリゾート地で生産性高く仕事をするワーケーションの推進」など、新しい取組みを通じて和歌山県南部を中心とした地域活性化に取り組んできました。南紀白浜エアポートは、2020年4月1日に空港民営化から1年の節目を迎えるにあたって、旅行者の方には地域の空の玄関口として、また地元の方には新しい地域拠点として、より一層便利で快適でエキサイトメントを感じる空港づくりを目指し、今回の取組みに至りました。 

加熱式たばこ専用エリア

加熱式たばこ専用喫煙室(1 階到着ロビー) 

加熱式たばこ専用喫煙室(2 階出発搭乗待合室) 

これまで紙巻たばこが喫煙可能な喫煙室を1階到着ロビーおよび2階出発搭乗待合室の中の2ヵ所に設けていましたが、4月1日よりこれらの喫煙所は全て加熱式たばこ専用エリアに変わりました。紙巻たばこの使用は、空港ビル入口付近(ビル施設外)に新たに設置した1ヵ所のみに限定します。また、今回一新した加熱式たばこ専用エリアには、空港利用者の皆さまにビーチや温泉など多くの観光資源を有する南紀白浜の魅力を伝える内装デザインを取り入れています。

関連リンク

南紀白浜空港
http://shirahama-airport.jp/

シェアする