November 26, 2020

日本初、有馬温泉が“煙のない温泉地”へ

new-jp-pr

~温泉中心街「金の湯」「銀の湯」付近を加熱式たばこ専用エリアに一新~

この度、フィリップ モリス ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、社長:シェリー・ゴー、以下PMJ)と、有馬温泉旅館協同組合(所在地:兵庫県 神戸市 理事長:當谷 逸郎、以下有馬温泉旅館協同組合)は、国内の温泉地として初めて*1、「煙のない温泉」*2へ向け、中心街「金の湯」「銀の湯」付近に加熱式たばこ専用エリアを2か所新設する包括協定を締結しました。本日2020年11月26日(いい風呂の日)より、有馬温泉は煙のない環境*2に生まれ変わります。


有馬温泉は国内最古泉を有す湯治場として国内外の注目を集め、2019年度は年間約155万人*3の観光客が訪れていますが、かねてより紙巻たばこの路上喫煙や吸い殻のポイ捨てに悩み、喫煙対策が課題でした。また、数多くの文化財を今に伝える観光地であることから、紙巻たばこの燃焼や吸い殻による歴史的価値のある建造物の火災リスクも懸念事項として指摘されていました。総務省消防庁は平成31年3月29日発表の「加熱式たばこ等の安全対策検討会報告書」において「様々な安全対策に取組まれた加熱式たばこが普及すればたばこ火災の低減に一定の効果がある」と報告*4しています。こうした背景を踏まえ、有馬温泉旅館協同組合と有馬温泉観光協会が、PMJのビジョンである「煙のない社会」に共感する形で、加熱式たばこ専用エリア新設に関する本包括協定締結に至りました。

本件に関して、PMJ社長のシェリー・ゴーは以下の通りコメントしております。


「この度、国内外からの多くの湯治客の皆様に愛され、豊かな歴史のある有馬温泉が煙のない温泉地へと生まれ変わる一助となれたことを非常にうれしく思います。ご来訪いただく全てのお方に、これまで以上にクリーンで快適な環境を体感いただき、この取り組みが全国へと広がっていくことを願っています。」

また、一般社団法人有馬温泉観光協会会長の金井 啓修氏は以下の通りコメントされています。

「今回の取り組みを通じて、有馬温泉の喫煙に関わる環境整備に乗り出すことで、より多くの幅広い層の方々に楽しんでいただける温泉地を目指していきたいと思います。また、従来からの課題であった紙巻たばこのポイ捨て等による火災リスクも低減することで、安全で美しい街並みを今後も守っていきたいと思います。」


今回、有馬温泉の中心地である「金の湯」「銀の湯」付近に、それぞれ計2か所の加熱式たばこ専用エリアを新設いたしました。どちらも有馬温泉の特長を活かした、足湯併設型や歴史を紹介するようなデザインを採用するなど、工夫を凝らしています。(詳細は本リリース2頁を参照)

本協定を通じてPMJと有馬温泉旅館協同組合は、有馬温泉を訪れるすべての方にとってより快適で、より安全にお楽しみいただける温泉地とするための活動を一層推進し、関西を代表するアイコニックな観光地である有馬温泉から、国内外に向けて「煙のない社会」を目指すメッセージを発信して参ります。

詳細は、別紙をご参照ください。