aboutsmokefreejapan-banner-wide-short
煙のない社会を目指して
煙のない観光地など地域のランドマーク
2020年4月1日に全面施行された、望まない受動喫煙の防止を目的とした改正健康増進法を受けて世界遺産である白川郷をはじめ、加熱式たばこ専用スペースの設置が全国に広がりを見せています。
fuji-speedway-cover

富士スピードウェイ

サーキット内の紙巻たばこ用喫煙所を、加熱式たばこ専用室・エリアに一新
さらに詳しくはこちら
smoke-free-japan-regulations-thumb

健康増進法の改正

2020年4月から全面施行となった改正健康増進法。第二種施設であるオフィスも原則屋内禁煙の対象であり、自社オフィスといえども、喫煙所や加熱式たばこ専用室以外では喫煙することができなくなります。これを機に、貴社の喫煙環境も見直しませんか?
さらに詳しくはこちら
smoke-free-japan-bunshun-interview-cover

「紙巻たばこ」から「加熱式たばこ」へ

時代の転換期を乗り切るためには、従来の延長線上にあるプランAではなく、別の発想に立つオルタナティブ(代替案)としてのプランBが重要。長年、テレビキャスターとして活躍されてきた村尾さんはそう語る。喫煙をめぐっても、プランBとしての「加熱式たばこ」に注目が集まっている。
さらに詳しくはこちら
smoke-free-japan-b2b-banner-wide