December 11, 2020

フィリップ モリス インターナショナル、執行役員人事と経営体制継承計画を発表

new-jp-pr

ルイ・カミレリ会長が退任(2021年12月10日付)

アンドレ・カランザポラスが会長に選出(2021年5月就任予定)

ルー・ノトが暫定会長に任命、並びに

ヤチェック・オルザックが最高経営責任者(CEO)に選出(2021年5月就任予定)

フィリップ モリス インターナショナル(NYSE:PM 本社:米国・ニューヨーク、統括本部:スイス、ローザンヌ 以下PMI)は2020年12月10日(現地 中央ヨーロッパ時間)、これまで長期に亘って策定を進めて参りました、2021年5月に完了予定の経営体制継承計画を発表しました。現在PMIの最高経営責任者(CEO)であるアンドレ・カランザポラスは、2021年5月に開催される定時株主総会の直前に正式に会長職に就任します。現会長であるルイ・カミレリは一身上の都合により本発表が公開される12月10付での引退を申し出ております。この辞任に伴い、現独立議長取締役を務めるルー・ノトが、暫定会長職に就きます。現最高執行責任者(COO)のヤチェック・オルザックは、株主総会終了直後にカランザポラスの後任としてCEO職に就任します。オルザックは、株主総会にて取締役にも選出される見込みです。オルザックは、2018年1月よりPMIのCOOを務め、2012年8月から2018年12月まで最高財務責任者(CFO)を務めました。

本継承計画は、経営体制の安定した移行と継承を確実にするためのものです。カミレリ、カランザポラス、オルザックの三名は、PMIが独立企業となって以来、緊密に連携し職務を遂行して参りました。三者のリーダーシップの下、当社は「煙のない」製品カテゴリーにおける明確な主導的立場を確立し、事業の変革を推進することを筆頭に、多くの重要な実績を積み重ねて参りました。

退任したルイ・カミレリ前会長は次の通りコメントしております:

「CEO職から退くという決断をしてくれたアンドレ・カランザポラスに会長職を引き継ぐことができ、嬉しく思います。また、5月付でヤチェックが会社をリードしてゆく立場に任命されることも、同じように嬉しく受けとめています。ヤチェック・オルザックは、PMIでカランザポラスの後を引き継ぐにふさわしい人物であり、これまでPMIで素晴らしい実績を挙げ、リーダーシップを発揮してきました。PMIにおける40年間のキャリアを振り返り、この素晴らしい会社、取締役会、従業員、そして株主の皆様に貢献することができたことをとても光栄に感じています。PMIをたばこ産業において世界で最も進歩的かつ革新的な企業へと成長させる素晴らしい旅路を共に歩んできたすべての皆様に心より感謝の念をお伝え申し上げます。今回私は、「煙のない社会」実現のビジョンは、会社を引き継ぐ然るべき人材に安心して託すことができる、という強い確信をもって会長職を退かせていただきます」

暫定会長職に就任するルー・ノトは次の通りコメントしております:

「本日発表された決定は、これまで複数年に亘って綿密かつ的確に検討されてきた経営体制の継承計画であり、当社の企業統治の水準の高さを体現していると考えます。取締役会は、ヤチェック・オルザックとアンドレ・カランザポラスのリーダーシップの下、PMIは今後もイノベーションを推進し、繁栄し、株主への価値を強化し続けることを確信しています。ルイ・カミレリの素晴らしいキャリアと、PMIへの献身と貢献に対し、わたくしは全社員を代表して感謝の意を表します。取締役会の構成員全員が、彼の旅立ちを心より寂しく思っております」

次期会長職に就任するアンドレ・カランザポラスは次の通りコメントしております:

「前会長であり元CEOであるルイ・カミレリの後を引き継ぐことを大変光栄に感じております。ルイ・カミレリが、その素晴らしいリーダーシップ、導き、献身、そして博愛精神に満ちた人柄によって当社の成功に貢献してきたことに対して、PMI経営陣を代表して深い感謝の念を表します。私のCEOとしての七年間において、PMIをより未来志向の企業へと位置付け、紙巻たばこを喫煙し続ける成人喫煙者に、科学的実証に裏付けられた、紙巻たばこより良い代替製品を提供することに努めて参りました。私たちは紙巻たばこと煙のない製品の両カテゴリーにおいて世界をリードする製品ポートフォリオと、類まれな経営陣、迅速に学び、かつ高い成果を生みだす組織体制をグローバルに擁しています。私どもがさらなる成功を導くであろうことを確信しています。また、今回CEOの任をヤチェック・オルザックに引き継ぐことも非常に嬉しく思っております。これまで数十年に亘り彼と緊密に協力してきた私は、オルザックが有する、会社と従業員への情熱、結果への推進力、当社の製品、システム、価値、投資家への深い理解こそが、彼を理想的なリーダーへと仕立て、当社のビジネスを継続的に成長させてくれるとともに、株主の皆様に利益を還元させて頂けることを確信しています。取締役会、上級管理職、従業員、ビジネスパートナー、株主の皆様には、経営幹部としての私のキャリアを通じて多大なるご支援をいただきましたことを心より感謝申し上げます。皆様は非常に貴重なインスピレーションと力の源泉となり、皆様と共に働く機会をいただけましたことを光栄に存じます。」

CEO就任予定のヤチェック・オルザックは次の通りコメントしております:

「この度、PMIを主導してゆく機会を頂けたことを光栄に存じます。私はアンドレ・カランザポラスと協力し、PMIの変革に取組み、「煙のない社会」を実現するというビジョン、またその先を目指そうとする道のりを構築して参りました。消費者、株主の皆様、社会に貢献するために、新しい職位に就くカランザポラス、並びにPMI全社員一丸となって、今後も引き続き「煙のない社会」を実現するという壮大な計画に挑み続ける決意を新たにしております」

ヤチェック・オルザック(55歳)略歴:

ヤチェック・オルザックは、1993年にPMIに入社し、ポーランドとドイツのPMI市場のマネージング・ディレクター、欧州連合地域の社長、ヨーロッパ全土をカバーする財務およびゼネラル・マネジャーを務め、2012年にPMIのCFOに就任しました。ウッチ大学(ポーランド)にて経済学修士取得。

また、取締役会はミシェル・コンブを12月10日付で新しく取締役に任命しました。

ミシェル・コンブはこれまで、ソフトバンク・グループ・インターナショナルの社長並びに、ソフトバンク傘下の複数の企業の経営に参画してきました。米スプリント社の取締役、ボーダフォン・ヨーロッパCEO、アルテカル・ルーセントCEO、アルティスCEO兼COOなどを歴任しています。フランスでは、政府関係機関、フランステレコム(上級副社長兼CFOを含む)にて要職を経験しています。


詳細は、別紙をご参照ください。