January 19, 2021

IQOS(アイコス) 3 DUO等、IQOSキット各種のメーカー希望小売価格を改定 2021年1月25日(月)より、新価格で「もっと『身近』なIQOSへ」

new-jp-pr

フィリップ モリス ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、社長:シェリー・ゴー、以下「PMJ」又は「当社」)は、2021年1月25日(月)より、加熱式たばこ「IQOSキット」各種のメーカー希望小売価格を、IQOSをより身近に感じていただける価格に改定いたします。

2020年4月に全面施行された改正健康増進法に合わせ、当社では、スタジアム、カフェ、世界遺産、オフィスなど、消費者との接点となる数多くの場所で、加熱式たばこの喫煙環境整備を進めてまいりました。2021年は、「もっと『身近』なIQOSへ」をスローガンとし、成人喫煙者に加熱式たばこ製品への切替えを促す取組みとして、喫煙環境以外にも、価格面、デバイスや味わいにおいて展開を予定しています。今回の価格改定では、IQOSをすでにお持ちのユーザーだけでなく、まだお試しになっていない成人喫煙者の方など、さらに多くの方にお試し頂けるよう、本年1月25日(月)より、IQOS最新デバイスキット各種のメーカー希望小売価格を改定いたします。

PMJのマーケティング&コミュニケーションズ・ディレクターであるフィリップ・ルベルは、今回の発表に際し、以下のように述べています。

「当社企業ビジョンである『煙のない社会』の実現へ向けて、2020年9月時点において全世界で1,600万人以上の成人喫煙者にIQOSをご愛用頂き、1,170万人以上の成人喫煙者が煙の出ない製品に切替え頂いていることは、多くのお客様が当社製品を選んでいただいている証明であると大変嬉しく思います。しかしながら、『煙のない社会』を実現するためには、『成人喫煙者にIQOSをより身近に感じてもらいたい』という思いに至りました。

今回の価格改定は、煙の出ない製品への切替えをご検討頂いている成人喫煙者および複数台のデバイス保有をご検討頂いている成人加熱式たばこユーザーに対し、それぞれの嗜好・用途に合わせた加熱式たばこデバイスを選択いただくために、さらなる一助になるのではと考えております」

当社は、2021年も引き続き『煙のない社会』の実現を目指して、成人喫煙者がより良い代替品に切替えることができるよう、さらに製品とサービスの提供を継続してまいります。

詳細は、別紙をご参照ください。