rig-banner
サイエンスとイノベーション

確固たる科学的エビデンスと厳格な評価

最先端の科学的な研究開発

フィリップ モリス インターナショナル(PMI)の研究開発センターは、世界中の成人喫煙者が満足でき、かつ紙巻たばこより害の少ない製品の開発に力を注いでいます。私たちは高い科学的な評価基準を設定し、開発施設への見学者も受け入れています。当社の研究方法や研究結果は、査読(ピアレビュー)付科学雑誌への公表、科学学会での発表、PMIScience.comへの掲載を通じて、専門家や規制当局に共有しています。また臨床試験のデータベースであるClinicalTrials.govに全ての臨床試験を登録しています。

さらに、PMIの研究成果について第三者による外部評価も受け付けています。

 

16-07-27_pmi_day-3-5643-2

リスク低減の評価

PMIの目標は、リスクを低減する可能性のある製品 (RRP)がいつか紙巻たばこに取って替わることです。私たちは厳格な科学的評価プログラムに従い、PMIのRRPに切替えることで、紙巻たばこの喫煙を続ける場合に比べて、喫煙関連疾患のリスクを低減させることを実証すべく評価を行っています。この評価では、毒性学で広く受け入れられている標準毒性学に加えて、画期的なシステム毒性学に基づいた評価手法も取り入れています。さらに、評価は、初期の製品開発から臨床試験、そしてこれらの製品がハーム・リダクション(害の低減)にどの程度寄与するかを長期的に評価するために、製品の市販投入後に実施するモニタリングまで多岐にわたっています。

 

new-science

これまでのPMIの研究成果

PMIの煙の出ない革新的な加熱式たばこシステム (THS)に関する評価は、急速に進んでいます。THSに完全に切替えた成人喫煙者は、紙巻たばこを喫煙し続けた場合に比べて、害のリスクが少なくなることが見込まれています。

THSは燃焼を伴わず、煙も出ません。非臨床試験の結果によると、THSのベイパー(蒸気)は、紙巻たばこの煙に比べて、発生する有害および有害性成分 (HPHC) の量が大幅に低減され、毒性も大幅に低減されています。また、PMIの調査によると、成人喫煙者がTHSに完全に切替える可能性は高く、製品の非対象者である非喫煙者や禁煙に成功した人の、THS使用意向はごくわずかということが分かっています。

さらに、PMIは、研究成果について外部評価を受けたいと考えています。
私たちは研究論文を査読(ピアレビュー)付科学雑誌に発表し、PMIの科学的エビデンスに対する第三者機関による研究報告の分析、またPMI研究成果の評価を可能にするための、クラウドプラットフォームを立ち上げています。