January 26, 2021

フィリップ モリス インターナショナルが 5年連続「グローバル・トップ・エンプロイヤー」に認定 日本を含む世界44か国における優良な雇用環境と人事制度を評価

new-jp-pr

~「煙のない社会」実現に向け、多様な人材と個性が輝くことのできる環境づくりをダイナミックに推進~

フィリップ モリス ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、社長:シェリー・ゴー、以下PMJ)は、2021年1月25日、フィリップ モリス インターナショナル(統括本部:スイス、ローザンヌ、以下PMI)と共に、オランダ、アムステルダムに本部のあるトップ・エンプロイヤー・インスティテュートより「トップ・エンプロイヤー」認定を受けました。PMIとしては「グローバル・トップ・エンプロイヤー」認定を5年連続で、PMJとしては日本における「トップ・エンプロイヤー」の2年連続の認定です。トップ・エンプロイヤー・インスティテュートは「働く環境・採用・人材開発と教育・社員の福利厚生・多様性とインクルージョン」などの分野を中心に世界の企業の人事制度と雇用環境を評価し、高い基準を満たした優良企業に対しトップ・エンプロイヤー認証を行う第三者機関です。今回、PMIと日本を含む世界44か国のフィリップ モリスの現地法人が、変化を続ける時代のニーズに応え、全社員にとって素晴らしい雇用環境を提供するために変革の推進を継続していることが評価され、2021年度に認定を受けた16企業の一社に名を連ねることとなりました。

PMJの社長、シェリー・ゴーは以下の通りコメントしております。

「本年度もPMIがグローバル・トップ・エンプロイヤー認定、ならびにPMJも日本におけるトップ・エンプロイヤー認定を受けたことを大変光栄に思います。私たちは、すべての紙巻たばこを、より害の少ないことが科学的に立証された<煙の出ない>代替製品である加熱式たばこに切替えていくことで、たばこ業界の<変革>を推進し、<煙のない社会>の実現を目指しています。このビジョンが、社会全体ならびに今後もたばこ製品を使い続ける成人喫煙者にとってポジティブな変化をもたらそうと、たゆまぬ努力を続ける全従業員の情熱の源泉となっています。この道のりにおいて進化し、多様化を続ける従業員のニーズを満たすため、人事制度の改革と改善を継続し、多様な人材と個性が輝くことができる、よりインクルーシブでダイナミック、かつ働きやすい雇用環境の整備に努めて参りましたことが、今回の認定において評価されたことを大変嬉しく思っております。」

トップ・エンプロイヤー・インスティテュートによる認定プロセスでは、下記の6つの人事領域において当社が基準を満たしているかどうかが審査されました:

  1. 推進力: 事業戦略、人事・人材戦略、リーダーシップ形成
  2. 組織形成力: 組織化および改編、人事のデジタル化、労働環境の改善
  3. 誘引力: 企業ブランディング、人材獲得、研修制度の充実化
  4. 育成力: パフォーマンスの向上、キャリア形成、学習機会の提供
  5. エンゲージメント力: ウェルビーイング(福利厚生)、報酬と評価、離職時のフォロー体制
  6. 団結力: 価値観、モラルと誠実さ、多様性とインクルージョン持続可能性

PMIならびにPMJでは、これらすべての領域において常に最高水準を目指しており、その姿勢と結果を適正に評価され、トップ・エンプロイヤー認定を取得するに至りました。PMIは現在、世界で7万3500人以上の従業員を擁し、日本では約1900人が「煙のない社会」の実現を目指して日々の業務にあたっています(2020年9月30日時点)。PMIは、加熱式たばこ製品を全世界61の市場で販売し、2020年度における9月までの総売上の内23%を加熱式たばこ製品カテゴリーが占めています。今回の認定を励みに、今後とも業界の変革をリードする企業として、また多様性とインクルージョンを重要な企業価値として掲げるグローバルな企業として、今後も「トップ・エンプロイヤー=最高の雇用主」認定にふさわしい人事制度と雇用環境のさらなる改善と進化に努めて参ります。

PMJにおける人事・キャリアについては https://pmjsaiyo.com/ をご覧ください。

PMIの人事・雇用環境についてはhttps://www.pmi.com/careers/our-people-culture (英語)をご覧ください。

トップ・エンプロイヤー・インスティテュート」に関する詳細情報は、公式ウェブサイトhttps://www.top-employers.com/en/ (英語)をご参照ください。

詳細は、別紙をご参照ください。