フィリップ モリス ジャパンのサステナビリティ戦略

私たちの真のサステナビリティは、自社製品の健康への悪影響に対処することから始まります。これは、何よりもまず、紙巻たばこに代わるリスクの少ない代替品を開発・市販化し、同時に、事業とバリューチェーン全般における社会や環境への影響を管理することを意味しています。

詳しくはこちら

sustainability-innovation-better-products

害の少ない製品開発と普及促進

私たちが社会に最も大きなインパクトをもたらすことができるとしたら、それは、紙巻たばこをより害の少ない代替品に置換えることです。
詳細はこちら
sustainability-excellence

公正な事業慣行の徹底

社会の要請に応じて、製品を責任ある形で市販化することをはじめ、当社は、すべての取組みにおける公正な事業慣行を目指しています。
詳細はこちら
sustainability-consideration-work-together

共に働く人々への配慮

煙のない社会を実現するために、多様な従業員が健康で意欲的に働くことができる、インクルーシブな職場環境づくりに注力します。
詳細はこちら
sustainability-environment-thumb-wide

環境保全

当社は、法規制の遵守にとどまらない環境負荷の管理を進めています。PMJでは特にIQOS デバイスの回収とリサイクルを第1優先課題にしています。
詳細はこちら